Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | - | - |
ネコが。。


本が好きということは、中身だけの問題じゃないのです。
紙質や手触り、活字の大きさや形、などなど、いろんな要素が含まれる。

この装丁が素敵です。
写真ではちょっとわかりにくいけれど、ぎゅーんと背伸びしたネコが型押しのように張り付いています。
生成りに近い表紙に、薄いベージュのネコ。いいなぁ
それに、なんと、巻によってネコの姿勢がみんな違う。
そんな遊び心が嬉しい。

| まゆき | 20:41 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
ロクムだったんだ!
 

『ナルニア国物語』
読んだのは、もう20年以上前です。
最近この物語に登場するお菓子が、実はトルコの「ロクム」だったということを知って、どこに出てきたっけ?と急に気になり出しました。
それで、久しぶりに、この本の扉を開いてみたのです。

そうか、次男エドモンドが白い魔女からもらったお菓子がロクムだったのですね。日本語訳では、ポピュラーなお菓子プリンに変えられていますけど。
そうかそう言われてみれば、なんとなくプリンでは違和感があったな〜

こうやって、凄〜く昔に読んだ本をまた読み返すのも面白い。
実はこの本は、娘がお腹の中にいた時に、つらい悪阻を少しでも忘れたくて逃げ込んでいた物語だったのです。そんなことも懐かしく思い出しながら、もう一度読んでみました。

(写真は、岩波少年文庫創刊40周年記念に発行された30冊セットの表紙。この物語も収録されています)


続きを読む >>
| まゆき | 19:47 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
         

Entry

    

Category

Comment

*

Search

Archives

    

Profile

    

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode     

PR